位相差顕微鏡

歯周内科治療について

kenbikyou
・口の中がネバネバする。
・歯ぐきがむずむずする、腫れている。
・口臭が気になる。
・歯がグラグラする。
・歯を磨くと歯ぐきから出血する。
・水を飲むとしみる。

このような症状がある場合歯周病の可能性もあります。
当院では、目に見えない歯周病菌の有無をテレビモニタで撮影できます。
ひだり みぎ

当クリニックは、歯周病治療に位相差顕微鏡を使いご説明しています

位相差顕微鏡とは、鮮明画像で生きたままの口腔内の細菌を、患者様自身が観察できる顕微鏡です。
また、細菌の動画をパソコンに取り込むことによって細菌の活動を見ることができ、どのような筋群が多くプラーク内にいるかを判別します。