子供からの歯列矯正

子供の頃から歯並びを治す事で、正しい顎の発育がなされ、それに伴い体全体の正しい成長が期待できます。
また、早期に不正咬合を治す事で、成人になってから矯正を始めるより痛みが少なく矯正治療を終える事ができます。
そして、7割の子供たちが永久歯を抜歯することなく歯並びの改善が可能となります。